ぼっかけ・あぶらかす 極上の神戸B級メシを東京で食す 本場神戸長田の味、大衆鉄板焼き

最新のお知らせ

神戸長田 お好み焼きの歴史

神戸長田 お好み焼きの歴史

終戦後、関西地域では小麦粉を水で溶き、刻んだネギなどを加えて焼き、ソースをかけたものが「一銭洋食」と呼ばれ、子供の駄菓子として広く親しまれ、現在のお好み焼きの原型となりました。
また、兵庫県では大正から昭和にかけて「にくてん」と呼ばれるお好み焼きによく似た食べ物が庶民の味としてありました。特に、神戸新長田界隈では「すじこん」を入れることが多いです。
すじこん」とは牛スジ肉とこんにゃくを甘辛く煮込んだもので、発祥である神戸市長田区では「ぼっかけ」と称して親しまれました。
神戸鉄板長田いっしん】では、この「ぼっかけ」、「お好み焼き」を関東の皆様に堪能していただきたく、本場神戸からやってきた大将が日々腕を振るっています。

PAGE TOP